製品情報

ファイバー導光式炭酸ガスレーザーシステム

CVL-3020/1507

炭酸ガスレーザー

◆さらに使いやすく、低侵襲に。

CVL炭酸ガスレーザーシステムシリーズは、安定した高性能で操作性にすぐれ、ドクターにも被術動物にも負担の少ない低侵襲施術をさらに一歩進めました。
限りなく”超”低侵襲へと近づきながら、オペの環境そのものも、いっそう向上しています。

【カタログをダウンロード(pdfファイル)】

製品の特徴

  • NEW切開から広範囲な蒸散まで幅広く選択できる可変フォーカス型チップレスハンドピース
  • NEW院内環境に配慮。レーザー照射連動型吸煙システム
  • NEW発振管の金属化によりすぐれた安全性、安定性
  • 中空ファイバーで抜群の操作性
  • 出血を極限まで抑える高出カスーパーパルス
  • モニターはタッチパネルで速やかな設定が可能

中空ファイバー

軽量ファイバー

柔軟に操作することができる軽量ファイバーがスムーズで正確な手術をサポート。
術者の負担を軽減します。

スーパーパルスモード

palsmode
*1発のパルス幅が0.0008秒。

スーパーパルスモード使用により、より精巧で低侵襲な外科手術をおこなうことができます。

周辺組織に熱拡散(=熱損傷を与える)が始まる前にOFF TIMEに入るため、組織侵襲を最小限にとどめることができます。

細かくON・OFFを繰り返し、その結果非常に高いピークパワーを作り出すことができます。

20w0.25mm セラミックチップ
20W スーパーパルスモード
  • 炭化物が少ない
  • テンションをかけなくても深く切れる
  • ハンドスピードが速くできる→熱ダメージ量が減る

レーザー照射連動型吸煙システム

吸煙の時間やタイミングを選択することができるので、煙によって院内の環境を損ねることがありません。

 

1301_kyuen_IMAGE可変フォーカス型チップレスハンドピース使用イメージ。
1212_cvl_screen_003操作は本体モニターから、スピーディーに設定が可能。
kyuensystem_IMAGE吸煙機本体