新着情報

2017.8.22 VOSで覗く耳の世界・ハンズオンセミナーのお知らせ

どうぶつの総合病院 副院長、アジア皮膚科専門医であられる永田雅彦先生をお招きし、VOSによる診断・治療の基礎から臨床例のご講演、練習用ボックス使用によるハンズオンセミナーを開催させて頂きます。 ご多忙な時期ですが、ご参加をお待ちいたしております。

 

名古屋セミナー:2017年 9月 3日(日) 13:00~16:30

 

仙台セミナー:2017年 10月 1日(日) 13:00~16:30

 

 

2017.6.11 2017年7月3日 東日本営業所営業開始

このたび、より広範な東京関東地区、東北、北海道地域への販売拡大、より迅速な顧客サポートのために、東京営業所を、7月3日東日本営業所に発展統合することにしました。
東日本営業所は、東京関東地区、北日本へのアクセスも良く、今以上に皆様方のご愛顧をいただけますように一層の努力をしていく所存でございます。何卒、今後とも変わらぬご支援ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

飛鳥メディカル株式会社 東日本営業所
〒332-0014 埼玉県川口市金山町12-1
サウスゲートタワー川口2F
アクセス
TEL 048-290-8288(7月3日より)
営業開始日  平成29年7月3日(月)

kawaguchi

発注修理関連書類荷物等は、開発センター(京田辺市)に、今まで通り送付お願いします。

飛鳥メディカル株式会社 開発センター
〒610-0332京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地
同志社大学連携型起業家育成施設2階
TEL:0774-65-2233
FAX:0774-65-2288

2017.4.28 5月15日 本社移転・支店設立のご案内

このたび弊社におきまして下記のとおり本社移転(公益財団法人京都高度技術研究所8階)並びに支店設立(独立行政法人中小企業基盤整備機構施設)する運びとなりました。
これを機に社員一同さらなる製品開発とサービスの向上に励み、今以上に皆さま方のご愛顧をいただけますよう一層の努力をいたしていく所存でございます。何卒、今後とも変わらぬご支援ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

【新支店名称】
飛鳥メディカル株式会社 開発センター
【新住所】
〒610-0332京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地
同志社大学連携型起業家育成施設2階
TEL:0774-65-2233
FAX:0774-65-2288
開発センターアクセス

D-egg

営業開始日  平成29年5月15日(月)
※ご注文・ご修理のご依頼、書類荷物等の発送・契約書・請求書送付については開発センター(京田辺)へお願いいたします。
【本社】飛鳥メディカル株式会社
【新住所】〒600-8813
京都府京都市下京区中堂寺南町134番地京都高度技術研究所8階
TEL:075-777-6097

2017.1.20 特許庁登録 レーザー治療器

2017年1月20日、弊社レーザー治療器出願が、特許庁登録されました。<特許第6076847号>

2017.1.12 【特許庁登録】レーザーサーミアロータリーハンドピース

2016年12月2日 弊社レーザーサーミアロータリーハンドピース出願が、特許庁登録されました。【特許第6050179号】

What's New about Laser Therapy

2017.2.3 ルミナスAccuvet CO2レーザーでお困りのことは
弊社にコンタクトください。

【AccuVet CO2レーザー販売の終了と今後のメンテナンス】
ルミナスAccuvet CO2レーザー販売終了通知(添付)受けて、Accuvet CO2レーザーでお困りのことありましたら、弊社にコンタクトください。
AccuVetCO2レーザー商品販売の終了、および今後のメンテナンスについてのご案内【PDF】

2015.8.1

名古屋大学医学部と飛鳥ADL-20をベースに共同研究開発してきた子宮頸癌レーザーサーミア治療器の臨床試験(子宮頸癌に対する腹腔鏡下手術の安全性と有効性に関する検討)を、名古屋大学医学部附属病院で開始しました。

 

UMIN 臨床試験登録システム公開情報はこちら UMIN試験ID UMIN000017439 https://upload.umin.ac.jp/

 

関連論文:子宮頸癌の (化学) 放射線治療後の局所残存・局所再発例に対する局所温熱治療の機器開発 その2 : 試作2号機の概要
http://www.medicalonline.jp/

2015.7.29 医科(製品情報)を追加しました。 新世代半導体レーザーシステム「ADL-20」
2014.11.14 レーザーICG修飾リポソームを用いた次世代がん治療

第35回動物臨床医学会にて、弊社獣医レーザーを使った鳥取大学研究開発(レーザーとICG修飾リポソームを用いた次世代がん治療)が発表されました。【PDFで詳しく見る

関連論文:http://vth-tottori-u.jp/wp-content/uploads/2013/07/topics.vol_.15.pdf